1990年台後半に電子カルテが登場し、これまでのレセコン主流の時代から診療のIT化が進んで参りました。電子カルテの普及が加速する中、メディカル事業部ではシステムの企画、設計、導入、保守、運用を一連して行ってきました。

 大規模病院を中心にシステムの普及が進んできましたが、今後は地域医療連携などの効率的な診療に向け中規模、小規模病院の普及率も上がってきます。当社の医療IT支援ノウハウを生かし、今後導入される医療機関によりよいソリューションを提案していきます。

ページトップへ